新米整理収納アドバイザー&ペーパー!?インテリアコーディネーターです。
オットと、2人の小学生男子との4人家族。マンションを売却し建築家と建てたあたらしい家に住み替えました。
日々いろいろと考えている、私のあたまのなかのいろいろを記録しています。
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 子どもたちの衣類を入れたチェスト | main | オーナーズレビューが掲載されました^^ >>
キッチンカウンター下の収納(IKEAベストー)
このブログ、「IKEA カウンター下収納」などの
検索キーワードで来てくださる方が多いことに最近気づきました。

キッチンのカウンター下には、IKEAのベストーシリーズの収納を入れています。

(その時の記事→⭐︎
 
にほんブログ村 トラコミュ イケアへ
イケア


ちなみに、我が家のキッチンカウンターは
高さを標準より下げていて、高さ80cmです!
(私の身長150cmに合わせています。)

悩みに悩んで選んだものですが、今では我が家になくてはならない存在です。

ここの収納がここ数ヶ月でやっと整ってきたので
紹介してみたいと思います。


リビング側から見たカウンター下収納。






奥行きはカウンターよりも大きく
少し出っ張っている状態ですが
カウンターが広くなったような感じで
私たち家族にはもう違和感はありません。



ここには、日常的によく使うもの、
出入りの多いものを収納しています。


右側の引き出し部分一番上。



無印良品のデスク内整理トレーを組み合わせています。

例えば「ベルマーク」「印鑑」「消しゴム」など
使用中や、提出してしまってトレー内にひとつもない状態に
そのマス目が空いていると、私、どうしても他のものを突っ込んでしまうんですよね(^^;)
そしていつかぐちゃぐちゃになるという。。。。

なので、マス目が空いていても他のものを入れてしまわないように
ほとんどのものに指定席を作り、上から見てわかるようにラベルを貼りました(笑)

これ、私だけでなく、家族みんなに効果があるようで
誰も、空いている「ベルマーク」のマスに
「消しゴム」を入れたりしなくなった気がします。


上から二番目の引き出しは、
保険証、母子手帳、診察券類や
ウェットティッシュ、ティッシュ、エコバック、通帳など
出かける準備をするための引き出し。


ここにも、ダイソーの無印そっくり積み重ねボックスをたくさん使っています。



このカウンターの上にバッグを乗せて出かける準備をするので
ここに収納しておくのが一番便利なものたちです。

三番目には、マスクやピータッチ、セロテープなど。


一番下の引き出しは、まだきちんと整理できていないものたちが入っています。
(とりあえずの引き出しということにしておきます(笑))


続いて、カウンター左側の開き戸部分。

右側には、
日常的に出入りの多い書類を、無印のファイルボックスへ。
中身の書類が多すぎて丸まってしまっているボックスがありますね(^^;)

今は、不透明のボックスが販売されていますが
うちのは数年前(10年ものもありそうな!)から使っているボックスが多く
少しずつ買い足したりしたものなので、
昔ながらの半透明バージョンです。


中身が透けないほうがいいかな、と思いながらも
このバージョンが無印っぽくて好きでもあるので
まあ扉の中だしいいかな、と思っています。

下段には、子供達の普段あまり使わない文房具や
鉛筆類のストックなどを、無印のポリプロピレンの引き出しに。

右側には、ダイソーのファスナー付きファイルに
レターセット類、ラッピング用品、レジャーシートなどを
わけて入れています。

あ、手前にあるのは昆虫ゼリーです(笑)
が、最近クワガタくんが死んでしまったので、この後片付けました。

カウンターの一番左側の開き戸は
オットのスペースです。

今回写真は載せませんが、
オットの普段使うカバンや、私物など
オットの管理で収納されています。

この、オットの「専用スペース」
があるというのが、なかなか効果ありだと私は思っていますー!



------
応援ありがとうございます♪


にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ にほんブログ村 インテリアブログ 子供あり家庭インテリアへ

ランキングに参加しています。
更新の励みになります。よろしければ上のバナーをクリックしていただけると嬉しいです♪
(別ウィンドウで、ブログ村の人気ブログランキングが開きます!)

 
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://atamanoiroiro.jugem.jp/trackback/121
TRACKBACK